TRUSTe審査・
コンサルティング

ホーム » サービス

セキュリティ

TRUSTe審査・
コンサルティング

信頼という名の認定プライバシーマーク

国内トップクラスの低価格&手厚いサポート。アイロバは認証審査機関として高い評価を得ております。


TRUSTe(トラストイー)とは

信頼できるサイトは「集める個人情報」と「その利用方法」について約束するプライバシーステートメントがあります。TRUSTeは、企業があなたとの約束を守る信頼のマークです。

ウェブサイトに於ける個人情報保護の推進、並びに、個人情報の適正利用の推進を主目的として、1997年に米国法人TRUSTeが発足しました。その具体的活動は、ウェブサイトを運営する企業・団体が、個人情報をTRUSTeが策定した基準に適合して取り扱っているかを審査し、適合しているウェブサイトに対し、認証マーク(TRUSTeマーク)の掲載を認める(認証する)ことにあります。

認証マークを取得したウェブサイトは、個人情報の取扱いについては一定の基準を満たしたウェブサイトとして、利用者、消費者から信頼を得ることとなります。現在、世界26ヶ国で展開しており、わが国では日本プライバシー認証機構が米国TRUSTeの総代理店としてTRUSTeマークの普及に当っています。

ウェブプライバシー認証

日本国内事業者向けのウェブサイト(ドメイン)ごとに認証されます

スマホアプリ認証

スマートフォンアプリごとに認証されます。

TRUSTeの8つのポイント


インターネット特化

インターネットで扱うプライバシー情報の取扱いや利用について透明性を高め苦情の発生を避けるなど信頼性の高いサービスを提供できます。

グローバルビジネス

個人データを扱うビジネスでは、プライバシーへの配慮がユーザーとのより良い関係維持に役立ちます。

個人データビジネス

お客様のITインフラを24時間 365日安全且つ効率的に運用サポート
お客様の運用業務に合わせてカスタマイズ

ユーザー獲得

個人向けサービスでは、信頼感を持っていいただくことで、ウェブ広告から登録率を上げることが期待されます。

顧客満足度向上

世界基準であるOECDの基準でプライバシーを守ることで、お客様に満足していただけるサービスを提供できます。

コンプライアンス

取得した認証を維持するためには個人情報保護に関する法令遵守が不可欠なため、健全な企業体質の構築に役立ちます。

流出予防

従業員がお客様を意識して個人情報の重要性を意識するようになるため、個人情報の安易な持ち出しに起因する事故や流出事故などや持ち出し予防に役立ちます。

保険付き

万一の情報漏えいに備え、損害賠償保険(「サイバーセキュリティ保険」※1)が付帯しています。

※1TRUSTeマークを取得した企業に対して、支払限度額1,000万円のサイバーセキュリティ保険が自動補償されています。(売上高1,000億円を超える事業者は対象外となります。)

TRUSTeのコンプライアンス


TRUSTeプログラムは「OECDプライバシー8原則」及び日本の「個人情報保護法」に準拠しています。
ユーザの求めるコンプライアンスは、法律の基準よりも高いため、ユーザのプライバシーを保護していることを審査します。

1980年9月23日にOECD(経済協力開発機構)で採択された
『プライバシ一保護と個人データの国際流通についての勧告』の中に記述された8つの原則

認証の仕組み


アイロバはTRUSTeの認証審査機関です。

アイロバの特徴

国内トップクラスの低価格&手厚いサポート
アイロバは認証審査機関として高い評価を得ております。

お客様の労力は必要最小限


申請書準備から作成まで全てアイロバで実施

短期間で認証可能


認証完了まで最短で3週間

ITインフラに関する課題を解決


オプションとしてセキュリティ対策や
脆弱性診断も提供可能


TRUSTeの取得

料金体系


料金体系としては、以下2項目となります
①コンサルタント・審査費用

初年度

200,000円~

※次年度以降(更新)150,000円~
※1ドメインあたりの費用。(複数ドメインは料金調整可)
※取得までのすべてをサポート。
※手間のかかる書類の作成を当社で対応。
※価格は税抜き表示です。

② 年間ライセンス料

年額

72,000円~

※年商金額に応じた料金体系
※別途年商別の料金テーブルがございます
※1ドメインあたりのライセンス費用
※2ドメイン以降は、1ドメインあたり一律72,000円

【TRUSTe年間ライセンス料】
企業の年間総売上高 年間ライセンス料
0~1億円 72,000円
1億円超~5億円 96,000円
5億円超~10億円 120,000円
10億円超~25億円 240,000円
25億円超~50億円 360,000円
50億円超~75億円 520,000円
75億円超~100億円 700,000円
100億円超~1,000億円 840,000円
1,000億円超~2,000億円 1,000,000円
2,000億円 1,800,000円

取得までの手順


お客様にご対応頂くことは、ヒアリング及びWebページへの設定のみになります。
書類作成等の業務は全て弊社にて対応します。

STEP1

キックオフミーティング

STEP2

ヒアリング

STEP3

プライバシーステートメントの作成

弊社で対応いたします。

STEP4

自己査定書の作成

弊社で対応いたします。

STEP5

申請に関する書類・契約書作成

弊社で対応いたします。

STEP6

日本プライバシー認証機構による認証

弊社で対応いたします。

STEP7

Webページへの設定


社内セキュリティ



ホーム » サービス

セキュリティ

社内セキュリティ



最適なセキュリティ対策サービスの提供

お客様の業務形態、ネットワークやシステムの構成、保有する情報資産などをふまえ、オフィス内における最適なセキュリティ対策サービスを提供いたします。


特徴

プライス・スペック・ロケーション、全てにおいて満足のデータセンターサービス

自己保守では達成できない安定性と安心感。
データセンターの概念を覆すコストパフォーマンスで事業規模にぴったりのサービスを提供します。


サービス情報<UTM>

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ


Check Point 700シリーズ・アプライアンスは、業界最高水準の次世代ファイアウォールやアンチウイルス、IPS、脅威対策などのセキュリティ技術を搭載しており、サイバー攻撃から守ります。

チェック・ポイント導入にあたって3つの大きなメリット

安全性を確保

組織の保護に向けてすべてが連携して機能する包括的なセキュリティ

強力なセキュリティ

パフォーマンスを損なうことなく実現できる強固な防御機能

シンプル

シンプルで使いやすい管理機能
(レポート生成の自動化)

高度なセキュリティ、妥協のないパフォーマンス
セキュリティとパフォーマンスの両立強固なセキュリティ対策を導入する際に、
小規模企業の間で問題になりがちなのがパフォーマンスです。

ベンダーが主張するようなスループットを、実運用環境で見込める製品はほとんど存在しません。
パフォーマンスが低い製品を導入すれば、インターネット接続速度が低下するため、パフォーマンス不足を補うためにセキュリティ機能の絞り込みを余儀なくされます。その結果、サイバー攻撃に遭うリスクが高まります。

チェック・ポイント700シリーズは、他社製品ではありがちなパフォーマンス低下に悩まされることなく、妥協のないセキュリティを実現できます。
そのため、小規模企業は、本来のインターネット通信速度を維持しながら、最大限の保護を展開できるようになります。

包括的な保護対策

次世代ファイアウォール
IPsec VPN とSSL VPN
アプリケーション制御とWeb フィルタリング
侵入防御
ウイルス対策
ボット対策
スパム対策
サンドボックス機能

シンプルで直感的に使える監視機能とレポート機能

Web インタフェースには、ログ、アクティブなコンピュータ、時、日、週、月単位のレポートが表示されます。
ネットワークの分析では、帯域幅を消費している上位のアプリケーションとユーザを把握できます。セキュリティの分析では、リスクの高いサイトを訪れているユーザやリスクの高いアプリケーションを使用しているユーザがわかります。
レポートの対象期間に発見されたインシデントや感染ホストがあれば、それらも確認できます。

クラウド・ベースの管理

直感的に使えるWeb ベースのユーザ・インタフェースでは、マネージド・サービス・プロバイダが小規模企業のセキュリティを効率的にプロビジョニングできます。
拡張性の高いアーキテクチャでチェック・ポイントの小規模環境向けアプライアンスを1 万台以上管理できるSMP は、セキュリティ・ニーズの変化に柔軟に対応できます。
エンド・ユーザはセキュリティをマネージド・サービス・プロバイダに任せて、自身のビジネスの拡大に注力することが可能です。

アプライアンス 730 750 770 790 910
実用環境におけるパフォーマンス
ファイヤーウォール スループット 900 Mbps 1,100 Mbps 1,600 Mbps 1,800 Mbps 2 Gbps
NGTPスループット 100 Mbps 200 Mbps 270 Mbps 330 Mbps 350 Mbps
理想的なテスト環境下でのパフォーマンス(RFC 3511、2544、2647、1242)
ファイヤーウォール スループット 2 Gbps 2.5 Mbps 3.2 Mbps 4 Gbps 4 Gbps
IPSスループット 225 Mbps 400 Mbps 500 Mbps 550 Mbps 800 Mbps
VPNスループット 250 Mbps 500 Mbps 500 Mbps 1 Gbps 1 Gbps
接続数/秒(cps) 20,000 27,000 30,000 40,000 40,000
同時接続数 50万 50万 50万 50万 85万
モバイル・アクセス(同時接続) 標準 100/最大 150 標準 200/最大 300
ハードウェア仕様
WAN 1000Base-T ×1
DMZ 1000Base-T ×1 1000Base-T ×1/1000Base-F SFP ×1
(SRトランシーバー内蔵)
1000Base-T ×1/1000Base-F SFP ×1
(トランシーバー別売)
LANスイッチ 1000Base-T ×6 1000Base-T ×16
Wi-Fiオプション 802.11 b/g/n/ac -
無線対応電波帯域 2.4Ghz/5GHZ(同時利用不可) 2.4Ghz/5GHZ(同時利用可) -
コンソールポイント RJ-45 ×1/Mini USB ×1
USBポート USB 3.0 ×1 USB 3.0 ×2
SDカードスロット Micro SDHC slot
3G/4Gモデムサポート あり

VENUSENSE UTM(ヴイーナステックジャパン)


Venusense UTMは、様々なセキュリティ技術を搭載しており、ネットワークの境界で全面的かつオンタイムにセキュリティ防御を行うことで、複雑さ増すセキュリティ脅威からお客様をお守りいたします。

Venusense導入にあたって3つの大きなメリット

Venusense UTM

管理・運用の手間がなく、専門知識が不要
高いスループット性能があり、快適に使用可能。

中国国内での実績

中国の3大キャリア、銀行、証券、保険業界200社以上の導入実績。

新機能

添付ファイルを自動で暗号鍵付きファイルに変換
不正端末アクセス防止機能
※70E-Plusのみ

これ一台で、サイバー攻撃の脅威から社内ネットワークを守る。

Unified Threat Managementの略称で「統合脅威管理」を意味します。
一台のUTM機器に、複数のセキュリティ機能を統合することで、ウィルス感染や不正侵入、ネットワーク攻撃といったサイバー攻撃の脅威から、社内ネットワークを守ることができます。

一般的なセキュリティ管理

ファイアウォール・アンチウィルス・アンチスパム・迷惑メール対策・Webフィルタリングなど、個人のセキュリティ対策が必要なため、管理が複雑になり、専門的な知識が必要。

UTMによるセキュリティ管理

複数のセキュリティ機能をUTM機器に統合しており、管理・運用の手順がかからず、専門的な知識も不要。

主なセキュリティ機能

Firewall

社内ネットワークと外部ネットワークの間で接続を監視。
外部からの攻撃を受けた場合は通信を遮断することで、社内ネットワークを保護します。

VPN

共有ネットワーク上にプライベートネットワーク(仮想的な専用線)を構築する際、ネットワーク間のデータ通信を暗号化。データ改ざんや情報漏えいを防ぎます。

Intrusion Prevention System

あらかじめインプットされた50種、2000項目を超える不正侵入パターンにより外部からの攻撃を検知すると同時に、攻撃を抑制する「侵入防御システム」です。

Anti-Virus

700万を超えるウィルスパターンに対応している、カスペルスキーのアンチウィルスを採用。
ネットワーク上の5種の通信監視をサポートし、感染したファイルを遮断します。

Anti-Spam

無差別に送られてくる迷惑メールをブロック。
同一のメールサーバから送られてくるメールを制限するほか、差出人認証、宛先認証などの技術でスパムを防止します。

Application Control

許可されたアプリケーションリスト以外のアプリケーションの実行を禁止します。
公開されたウィルスだけでなく、未知のウィルスによる不正な動作までも防ぎます。

URL Filter

情報漏えいや不正アクセスなどの危険が高いWebサイトへのアクセスを制限。
日々更新されるブラックリストに基づき、自動的にアクセスを制限します。

Log&Report

専用サーバからフィルタリングの結果を吸い上げて分析。
攻撃内容やユーザー閲覧状況についてレポートを作成するなど、セキュリティ評価と強化を支援します。

UTM-70E plus
UTM-50E
アイテム UTM-70E plus UTM-50E
パフォーマンス仕様 FWスループット 2 Gbps 1 Gbps
UTMスループット 1 Gbps 0.7 Gbps
接続クライアント数(推奨) 80 20
VPNトンネル 1 k 0.25 k
Max同時接続数 1.2 Million 0.5 Million
同時接続数/秒 14 k 11 k
インターフェース仕様 10/ 100/ 1000M GEポート 6 4
USBインターフェース 2 2
コンソール RJ45k*1 RJ45k*1
消費電力 60W 60W
電源 AC 100~240V 47~63H2 AC 100~240V 47~63H2
ハードウェア仕様・その他 寸法 210.5mm* 210.5mm* 33mm 166mm* 106mm* 30mm
重さ 1.52Kg 0.53Kg
ラック Desktop Desktop

サービス情報<エンドポイントセキュリティ>

エフセキュア(PSB  Protection Service Business)


PC、モバイルデバイス、サーバを守る、最良のビジネス向けプロテクション

エフセキュア導入にあたって3つの大きなメリット

工数大幅削減

修正パッチPSBクライアントも全自動アップデート。

管理のための専用サーバが不要

様々なプラットフォームも一元管理可能

専門知識不要

環境構築に、サーバの専門知識が不要

規定の設定を適用するだけで容易に導入

管理ポータルから容易に危険な端末を察知

高い防御性能

高い防御を実現する機能が標準実装

– ディープガード

– ソフトウエアアップデータ

– ブラウザ保護機能


Wordpress
脆弱性診断

ホーム » サービス

セキュリティ

WordPress
脆弱性診断

WordPressの本体、プラグイン、テーマの脆弱性を確認+WordPressの危険性を訴求


特長

お客様の御希望のタイミングで24時間いつでも実施可能
ご契約は1ヶ月単位で承ります。(自動更新)

使い方は簡単


特別な知識なしに、お手軽に診断できます。

明確なレポート


診断終了後、すぐに結果を確認できます。

メールで通知


診断終了時に指定メールアドレス宛てに診断完了通知のお知らせします。

定期診断設定


わざわざサイトにログインすることなく継続的に診断を実施できます。

安心のサポート


無料のサポートをご用意しています。お気軽にお問い合わせください。

URLのみ


サイトのURLがあれば、診断を行うことができます。


WordPressサイトの安全性

貴社の管理されているWordPressサイトは安全ですか?

100サイト以上のWordPressサイト診断の結果、83%のサイトでセキュリティホール(脆弱性)が発見されています。

WordPressの普及率


日本

1位

WordPress

2位

Dreamweaver

世界

1位

WordPress

2位

Joomla

WordPressの脆弱発生件数(2017年度)


43

本体

300

プラグイン

6

テーマ

WordPressのリスク(2017年Q1)


脆弱性

アカウント乗っ取り

不明

サイトを安全な状態に保つためには、定期的な診断が必要です。

一度セキュリティ対策を施しても、継続してアップデートや対策を実施しなければ、新たなセキュリティホール(脆弱性)により、悪意ある攻撃者から狙われる可能性が高いと言えます。


サービス情報

定期診断設定

わざわざサイトにログインすることなく継続的に診断を実施できます。

安心のサポート

無料のサポートをご用意しています。
お気軽にお問い合わせください。

URLのみ

サイトのURLがあれば、診断を行うことができます。

使い方は簡単

特別な知識なしに、お手軽に診断できます。

明確なレポート

診断終了後、すぐに結果を確認できます。

メールで通知

診断終了時に指定メールアドレス宛てに診断完了通知のお知らせします。

発見された脆弱性の一例


診断項目 脆弱性名称
クライアント側での攻撃
クロス・サイト・スクリプティング(Cross Site Scripting(XSS))


クロス・サイト・リクエスト・フォージェリ(Cross Site Request Forgery(CSRF))

ロジックを狙った攻撃
機能の悪用


リモートでのコード実行

コマンド実行に関する項目
SQLインジェクション


XXE(XML External Entity)

情報漏洩
推測可能なリソースの位置


ディレクトリ トラバーサル(Directory Traversal)

認証
不適切な認証

承認
不適切な承認

機能


項目 内容
診断対象
1URL

診断回数(月)
1回(ブロンズ)
4回(ゴールド)
無制限(プラチナ)

診断内容 ■ Wordpress本体の診断
■ プラグインの診断
■ テーマの診断
■ 対策の立案



診断レポート ■ レポート形式(WebまたはPDF)
■ 総合評価(A~Eの5段階)
■ 脆弱性の概要と詳細
■ 脆弱性が与える影響度や深刻度
■ 脆弱性への対策方法



診断完了通知(メール)


定期診断機能


ご提供の流れ


STEP1

お申込み・ご発注

STEP2

アカウント提供

お客様のWebサイトを確認し登録します。

STEP3

サイト利用開始

お客様にて診断実施が可能となります。
定期実施の登録を行うことで、自動的に診断実施も可能です。

STEP4

アフターサポート

バージョンアップ対応をお願いします。お客様にて対応が難しい場合、別途有償にて対応いたします。


フォレンジック調査

ホーム » サービス

セキュリティ

フォレンジック調査

フォレンジックとは

Webサイトやシステム等の不具合が発生した際に、サーバーのログ等から犯行の裏付けとなるデータを「抽出」したり「解析」することで、原因の特定をすることができます。
また、あわせて復旧も行うことが可能です。
運営サイトや社内サーバなどがサーバー攻撃・ハッキング被害・ウィルス被害等を受けた可能性があるとき、調査から復旧までを行います。


特長

スピード提供


ご連絡~対応開始までスピード提供いたします。
最短で翌日対応いたします。

再発防止対策の提案


報告書及び再発防止対策の提案もいたします。

報告書の代理作成


外部向けの報告書作成を代理いたします。
例:金融庁向け など


サービスメニュー

このようなトラブルを調査・復旧いたします。
サイトにアクセスできない
(Webサイト改ざん)
覚えのないコンテンツや動きがあるとき
(Webサイト改ざん)
機密情報の流出、漏えい
ノートパソコンやUSBメモリを紛失した
内部犯行による不正行為
メールが送信できない
(メールサーバー乗っ取り)
パソコンやサーバーが起動できない、遅い、変な画面がでる
(ウィルス感染)
重要なデータを消去してしまった
迷惑メールが届く
(無差別サイバー攻撃)

サービス情報

提供価格


フォレンジック調査サービス:個別見積り

調査費用につきましては各々のケースで異なりますので、先ずはご相談ください。

【対応時間】基本は平日10-18時となります。深夜土日でも対応可能です(別途相談)基本時間外は、提供価格が1.25倍となります。
【対応場所】状況により異なります。

ご提供の流れ


STEP1

ご相談の連絡

弊社窓口へ電話・メールにてご連絡ください。

STEP2

状況確認

電話、メール等での状況確認を実施いたします。

STEP3

初期調査

被害拡大防止のための救急施策、漏えいの追跡などの証拠保護のサポートをいたします。

STEP4

概算見積

対応範囲の明確化と概算費用の提示をいたします。

STEP5

詳細調査・対応

対策を実施いたします。
概算費用に範囲で対応可能か改めて判断いたします。

STEP6

報告

報告書提出をもって対応完了といたします。
再発防止策の提案をいたします。


セキュリティ運用

ホーム » サービス

セキュリティ

セキュリティ運用

専属エンジニアが24時間365日体制で監視

サーバー、ネットワーク、アプリケーションが適切に利用できる状態であるかを
専属エンジニアが24時間365日体制で監視し、不具合が生じた際は迅速に対応します。


特長

豊富な運用メニュー


圧倒的な監視項目数と豊富な運用メニューを用意しております。

24時間365日体制


専属エンジニアが24時間365日体制で監視いたします。

アプリケーションまで対応


アプリケーションまで対応いたします。

制限なし


対応機器に制限はありません。

環境に依存せず


環境に依存せずにサービス提供を可能にいたします。
他社のクラウドでも利用可能です。


サービスメニュー

お客様のご要望レベルで運用設計

初回診断後、定期的な診断サポート&レポーティングいたします。


サービス情報

提供価格


セキュリティ運用サービス:個別見積り

調査費用につきましては各々のケースで異なりますので、先ずはご相談ください。

【対応時間】 24時間365日となります。
【対応場所】 リモートから全てを実施します。現地対応が必要な場合は別途相談とします。

ご提供の流れ


STEP1

状況確認

お客様システムのサービスレベル等の要件ヒアリングをいたします。

STEP2

概算見積

対応範囲の明確化と概算費用を提示いたします。

STEP3

運用設計

要件定義を基に運用設計を実施いたします。

STEP4

実装・設定

対象機器への監視実装、及び設定を実施いたします。

STEP5

運用テスト

要件、及び設計内容を満たしているかテスト実施いたします。

STEP6

運用開始

セキュリティ運用を開始いたします。

STEP7

レポート

システム稼働やアラート状況を可視化いたします。
改善提案を実施いたします。


セキュリティ
脆弱性診断

ホーム » サービス

セキュリティ

セキュリティ
脆弱性診断

攻撃者の視点から行う多様な擬似攻撃

お客様環境の脆弱性ポイントを見える化し、対策の提案と併せてご報告します。


特長

スピード提供


準備~実施~レポートまでを最短2週間で提供いたします。

マニュアル診断


エンジニアによるマニュアル診断を実施。
ツールのみを使った簡易診断は行いません。

圧倒的な数


圧倒的な擬似攻撃数。
当社の4万攻撃に対し、一般的にはわずか8千程度です。

的確な対策の提案


診断後は脆弱に対する的確な対策の提案を行います。


サービスメニュー

アイロバが提供するセキュリティ診断サービス

ハウジング
サービス

小規模から対応可能な豊富なラインナップお客様の要求仕様や予算に合わせてカスタマイズ
サーバ1台= ハウジングラック 1ユニット月額 10,000円~ 提供
フルラック1本での販売も可能

インターネット
接続サービス

自社運営のインターネットバックボーン最大20Gbpsの広帯域インターネット
複数ISPとの相互接続により耐障害性を実現

サポートセンター
サービス

お客様のITインフラを24時間 365日安全且つ効率的に運用サポート
お客様の運用業務に合わせてカスタマイズ

オプション
サービス

データセンターを基軸とした様々なソリューションを展開
バックアップストレージ
エンドポイントセキュリティなど


サービス情報

セキュリティ診断 提供内容


項目 内容
診断手法
エンジニアによるマニュアル診断

診断場所
リモート もしくは オンサイト
※価格面及びリソース調整の観点からリモート診断を推奨

診断時間
平日日中(休日、夜間対応も可)
※価格面及びリソース調整の観点から平日日中の診断を推奨

速報
クリティカルなリスクを見つけた場合は即時報告

納品物
Webアプリケーション診断報告書
プラットフォーム診断報告書

再診断
リスクレベルに応じて、初回診断後1ヶ月以内であれば特別価格対応(1回のみ)

報告会
無償にて対応

アフターフォロー
初回診断後、3ヶ月は無償にて対応

WEBアプリケーション診断項目


脆弱なパスワードの存在
HTTPS(SSL)の設定不備
アクセス制御機構の不備
クロスサイトスクリプティング
バッファオーバーフロー
SQLインジェクション
ディレクトリ内容表示
HTMLソース内のコメント検証
サービス妨害
クロスサイトリクエストフォージェリ
認証設定の不備
SSL証明書の妥当性検証
セッション終了処理の不備
コンテンツ詐称
LDAPインジェクション
SSIインジェクション
ディレクトリトラバーサル
各種情報漏洩
自動アクセス防止の不備
パスワードリマインダの不備
推測可能なセッションID
セッションフィクセイション
HTTPレスポンススプリッティング
OSコマンド実行
Xpathインジェクション
強制ブラウジング
機能の悪用
迷惑メールの送信

プラットフォーム診断項目


ハードウェアの存在確認
稼働中のサービスからの情報取得
脆弱性の知られているCGIの存在
サービス運用妨害(DoS)の可能性
DNS再帰的問合せの可否
Webサーバ上のデフォルトコンテンツの存在
不適切なSSLサーバ証明書の利用
バックドア検出
ポートスキャン
OSやミドルウェアの既知の脆弱性
アカウントポリシーの調査
サーバ設定上の問題
DNSダイナミックアップデートの可否
不要なファイルの存在
メールサーバによるユーザ情報漏洩
エラーメッセージによる情報漏洩
プライベートアドレスの漏洩
不備と思われるサービスの稼働
脆弱なパスワード設定
FTPやSSH等の既知の脆弱性
DNSゾーン転送の可否
メール不正中継の可否
Proxy設定の不備
ワーム感染の有無

他社サービスとの比較


項目 当社(アイロバ) A社 B社
診断項目数
約40,000


約8,000


約5,000

診断手法
マニュアル


ツール+マニュアル


ツール+マニュアル

報告会
標準


オプション


オプション

脆弱箇所の対策
オプション


なし


なし

再診断
1ヶ月以内 特別価格提供


オプション


オプション

報告会までの
スピード

2週間


1.5ヶ月


1ヶ月

対策の提案、
及び実施

可能


提案のみ


不可

提供価格


WEBアプリケーション診断サービス

500,000円~



プラットフォーム診断サービス

400,000円~



【対応時間】基本は平日10-18時となります。 深夜土日でも対応可能です(別途相談、基本時間外は、提供価格が1.25倍となります。)
【対応場所】基本はリモート対応となります。オンサイト対応ご希望の場合は別途相談となります。
※価格は税抜き表示です

ご提供の流れ


STEP1

サイト確認

診断対象サイトの確認、及びヒアリングを実施いたします。

STEP2

実施日調整

平日/休日/深夜での実施が可能です。

STEP3

見積り

診断対象範囲、及び診断内容の提案をいたします。

STEP4

診断実施

診断中に重大な脆弱性が発覚した場合は、速報にて通知いたします。

STEP5

レポート

診断完了後、約5営業日内に診断報告書を提出いたします。

STEP6

報告会

お客様オフィスにて実施いたします。

STEP7

再診断

レポート提出から1ヵ月以内は特別価格にて提供いたします。


パブリッククラウド
専用線接続

ホーム » サービス

専用線

パブリッククラウド
専用線接続

Coming Soon


光ファイバ専用線

ホーム » サービス

専用線

光ファイバ専用線

拠点間、複数拠点を光ファイバでダイレクトに接続

高品質・低遅延・低価格で専用回線を提供いたします。


特長

全てを実現するアイロバの「光ファイバ専用線サービス」

ご希望の拠点間をお客様専用の光ファイバで結ぶネットワークサービスです。

高セキュア(High-security)

共有回線とは違い完全クローズドな回線

インターネット回線とは違い、外的要因による脅威の心配は不要

低遅延(Low-delay)

拠点間を結ぶ回線の為、無駄な通信経路は通らない

影響を与える外部通信が無いためストレスフリーな通信が可能

柔軟性(Flexible)

通信流量は光終端装置による制御、自由に帯域選択が可能

多用途(Multi-purpose)

大容量なデータ通信も高速伝送が可能

データバックアップ時間を大幅に縮小

簡単(Easy)

敷設された回線を専用の光終端装置に差し込むだけで通信が可能

通信帯域の変更は専用の光終端装置を置き換えれば完了


サービス構成図

拠点間を “光ファイバ” で最短経路でダイレクトに接続
拠点間の電源機器は “光終端装置” のみ “光終端装置” で帯域をコントロール


サービス情報

サービス仕様


品目 カテゴリ 提供内容
光ファイバ トラックヤード
提供エリア

日本全国

保守サポート
24時間365日

光終端装置 種別
メディアコンバータ

帯域
100Mbps/1Gbps/10Gbps
※10Gbps以上も提供可能

通信タイプ
1芯双方向/2芯送受信別

LAN側
インタフェース

光ファイバ/メタルケーブル

保守サポート
インタフェース

24時間365日先出しセンドバック
(※オプションにてオンサイトサポートも提供可能)

提供価格


初期費用

1Gbps・10Gbps

100,000円~



※拠点間が異なる県の場合、別途費用がかかります。
※都圏外の場合は、別途出張費用が発生します。
※構内配線が必要な場合は、別途見積します。
※価格は税抜き表示です。

月額費用

1Gbps

85,000円~



10Gbps

199,800円~



※拠点間の距離によって価格が変動します。
※上記金額に光終端装置レンタル費用が含まれております。
※価格は税抜き表示です

ご提供の流れ


STEP1

ヒアリング

ご要望のヒアリングを行います。
・拠点間住所
・通信速度
・保守レベル

STEP2

ご提案

ご要望に応じた構成、オプションサービスのご提案、
お見積書の提出を行います。

STEP3

お申込み・ご発注

STEP4

専用線構築

現場調査実施後、約2.5カ月で提供いたします。
※状況により最長6カ月以内での提供になります。
終端装置設置を行います。

STEP5

運用保守

運用を開始いたします。


パブリッククラウド
構築・運用

ホーム » サービス

クラウド

パブリッククラウド
構築・運用

AWS・GCP・Azure、各種パブリッククラウドの導入・設計・構築・運用保守まで対応。

パブリッククラウドのメリットを活かし、最適なクラウド環境を提供します。


特長

課題解決力


クラウド活用において本質的な課題を抽出
最適なソリューションを提供

豊富な実績に基づく高い信頼性
お客様システムにとって最適な構成での提案
運用フェーズでの性能課題・対策を提案

柔軟性と提案力


最適なサーバ環境で安心安定のクラウドを提案
徹底した事前調査、まるごと運用対応可能

設計・構築 サーバへのログイン許可をいただければ無償調査可能
運用・障害対応 実績豊富なエンジニアが迅速に調査復旧対応
改善 日頃より運用課題を抽出し、運用負荷軽減に向けて提案

抜群の費用対効果


クラウド運用の負担を軽減
その他運用課題に対して根本的解決を提案

導入・設計・構築・運用保守までワンストップで対応
費用対効果の高いマネージドサービスでコスト効率アップ

取扱いクラウド



サービスメニュー

クラウド構築


ヒアリング提案

お客様のシステム要件や課題等をヒアリング

現行環境の事前調査

機能面・運用面・コスト面より、最適なクラウドを提案

設計・構築

要件定義・基本・詳細設計・環境構築・ミドルウェア導入・機能拡張

お客様からご依頼いただいた内容にて環境を構築
※パブリッククラウドのご契約はお客様にてお願いします。(代行可能)

決済代行

パブリッククラウドサービス料金の支払い代行(円建)
※Amazon Web Serviceに限定

その他

エンドポイントセキュリティソフト

脆弱性診断(Webアプリケーション/プラットフォーム)

WAF・DDoS・バックアップ等の各種サービス

クラウド運用


各種パブリッククラウドの運用サービスを提供
サーバ・ネットワーク・OS・ミドルウェアをはじめ、お客様のクラウド環境をまるごとサポート
【対応範囲】
【ご提供サービス】

OS・ミドルウェアインストール

Web・DB・メールサーバ設定

FTP・SSHアカウント設定

メールアカウント追加・削除

バーチャルホスト設定

サーバチューニング

ファイアウォールポリシー変更

ロードバランシング
HAクラスタ構成

各種監視監視

障害発生時切り分け復旧対応

最新情報収集アップデート対応

最新情報収集アップデート対応

定期バックアップ(スナップショット)

24時間365日電話・メールサポート

ご提供価格


サーバのプロフェッショナルが最適なプランをご提案
抜群の費用対効果で、設計から運用までワンストップで提供します。

クラウド構築

個別見積



初期のサーバ設計・構築として、論理移設(ネットワーク設計)、新規環境構築、既存環境からのデータのマージ、動作確認等になります。

クラウド運用

40,000円~

/ インスタンス



※契約期間は1ヵ月単位となります。
※サーバ環境により費用が変動する可能性がございます。
※価格は税抜き表示です。

ご提供の流れ


STEP1

ヒアリング

ご要望・課題のヒアリングをいたします。

STEP2

ご提案

ご要望に応じたクラウドのご提案、
お見積書を提出いたします。

STEP3

サーバご契約手続き

お客様にてパブリッククラウドのご契約手続きをお願いします。
※契約代行あり

STEP4

設計構築

要件定義・設計・構築を行います。

運用準備

要件定義・運用設計・運用準備を行います。
※ヒアリングシートあり

STEP5

サーバ引き渡し

構築完了後、引き渡しを行います。
運用保守開始いたします。